介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修とは

「介護職員初任者研修」とは、介護に従事する際に必要とされる知識や技術を習得し、基本的な介護を行えるようにするための研修です。この「介護職員初任者研修」は、2013年に新設された研修制度です。新設前の制度ならば、ホームヘルパー2級と同等になります。「介護職員初任者研修」の受講方法は、次のようになりまう。まず、厚生労働大臣が決定した基準に基づき、各都道府県が指定した事業者による、「130時間の研修」を受講する必要があります。それらの全ての研修を修了する必要があります。これに伴う試験などは、ありません。「介護職員初任者研修」後、各病院や老人保健施設、高齢者福祉施設、訪問介護事業などで、介護に従事することが出来ます。

大阪のインプラント治療

つらい痛みを取り除く・痛みの元から改善

訪問医療マッサージに関するお問い合わせはコチラまで

薄毛にお悩みの方へ

血圧高めの方にオススメしている商品です!

関連情報一覧

介護施設で働くなら介護職員初任者研修

介護資格の制度の改正によって、ホームヘルパー2級が、介護職員初任者研修となりました。ですから、これか

介護職員初任者研修について

2013年でホームヘルパー2級という資格がなくなり、その代わりとなるのが介護職員初任者研修です。高齢

介護の仕事を目指すために

高齢化社会が進み、老人向け施設が次々と新設されています。しかし、そこで働く職員の数が足らず、今どこの